経験をすることが必ずしもベストな学び方ではない


 そのクライアントは、精神的な行き詰りを感じていました。そして、苛立っていました。人生が上手くいっていなかったからです。私は、彼女にいくつかのアドバイスをしていましたが、彼女はそれらを聞き入れ実践する代わりに、より辛い方法ともいえる”経験”を通して学ぶことを選択しました。多くの人が、より大変な方法、つまり”経験”から学びたいと言います。彼らは、アドバイスに従うことはもちろん、それについて、学ぶことすらすら受け入れることができません。なぜなら彼らは、本当に何かを学ぶには、経験しなくてはならないと思っているからです。なので私は、彼らに「話せるようになるために言葉を新たに考案したり、運転できるようになるために、車を再発明したりしますか?」と尋ねるようにしています。

 人は、アドバイスや他者の手助けによって言語を学びます。視点を変えることで、自分たちの間違ったものの考え方に容易に気付くことができます。全ての英知のかけらを直接的な経験から収集しなくてはいけないわけではありません。私が、エイズに感染したくないと知るために、感染する必要はありませんし、交通事故を避けるべきであると知るために、交通事故に巻き込まれる必要はないのです。

閲覧数:5回0件のコメント