大阪で浮遊霊を助けた話


以前、大阪に行ったときのことをお話します。

宿泊先の部屋のスピリチュアル浄化を行っている時のことでした。

浄化をすればするほど、なぜか部屋(のエネルギー)が、どんどん重たくなっていくので、私はだんだん苛立ちを覚えました。そして、祈りを中止しました。神様に何が起こっているのか尋ねました。すると、私の浄化の行為が、地球という刑務所から自由になりがっているさらに多くの浮遊霊たちを呼び寄せているのだと告げられました。浮遊霊たちは、光に導かれて来ていたのです。

なので私は、天国への扉を作り、2体の天使たちに扉の両端に立って扉を開け、浮遊霊たちを迎え入れてくれるようにお願いしました。最後に、扉の上に明るい標識のようなものを掲げることで、魂たちがそこから天国に行けることがわかるようにしました。すると私がいた部屋にはすぐに何もいなくなりました。そして、その夜から私の大阪滞在は、とても平和的なものとなりました。たくさんの魂たちが、天国に帰れることができてよかったと思います。

閲覧数:6回0件のコメント