挑戦していただきたいこと(後編)


植物があなたを選んでくれたら、家へ持って帰って、準備ができたら素敵な植木鉢に入れてください。次に、石を見つけます。植物の時と同じ方法を使ってください。気に入った石を見かけたら、手に持ってみて、一緒に家に帰りたいかどうか問いかけてください。石が、感じや感覚で教えてくれます。石は、買う必要はありません。どこでも見つけることができます。ただし、私有地からは持って来ないでください。あなたを侮辱するつもりで言っているわけではありません。他人の敷地や庭の石があなたを呼ぶこともあるから、言っているのです。お寺や神社の石に、縁を感じることもあるかもしれません。どちらの状況でも、その石にお礼を言って、そこがその石のいるべき場所だと教えてあげてください。

石を見つけたらよく洗って、植物の隣に置いてください。次に、水を入れたコップもしくは鉢を、石と植物と一緒に置いてください。これであなたの家に、3つの要素が存在することになります。毎日少し時間を取って、植物の人々、石の人々、そして母なる大地の蜜とのつながりに、感謝してください。植物をしっかりお世話してください。毎日水を替えてください。もし忙しすぎて植物のお世話ができず、ストレスを感じ始めたら、それはあなたが、自分自身のケアをしていないサインです。自分のケアをしなければならないことを思い出させてくれた植物に、お礼を言いましょう。

自分の生活をしっかり見つめ、どうすればスローダウンして植物のお世話ができるか、見極めてください。そうすれば、スローダウンして、あなた自身をケアする余裕が生まれるでしょう。植物の人、石の人、生命をもたらす母なる大地の水を、見つけてお世話するこの旅とプロセスを、楽しんでください。

閲覧数:3回0件のコメント