心配を克服する方法(中編)

更新日:7月28日


人は幼い頃から、自然に逆らうように訓練されます。

学校に入るやいなや、じっと座っているように躾けられます。

幼い子供は弾けんばかりのエネルギーを宿しているので、体を動かしたり声を上げて笑ったりしたがります。

学校は、その正反対のことを求めます。誤解していただきたくないのですが、教育はとても大切です。

ただ、本来の性質を抑圧することなく人を教育する、もっと良い方法があることに、私は気づいたのです。本来の性質を尊重することを学べば、セラピーを受ける人は格段に減るはずだと確信しています。

心配は恐れの一形態です。心配は自信の反対です。

ただし、能力に裏打ちされていない自信は、偽りの自信です。

自信を持つべき技能が存在していないわけですから。

どうして私がこのことを指摘しているかというと、歓びとは技能であり、心配もまた技能だからです。

したいと思うことをする能力や、望む生き方をする能力を高めるために本気で歩みだせば、歓びは自然についてきます。

ただし私は、目標から始めることをお勧めします。

スピリチュアル的には、歓びというあなたの本来の性質から行動するほうが、はるかに有効なのです。(つづく)

閲覧数:15回0件のコメント