ハッピー戌年!ワンッ!!


今年、ハレイワ真言宗の秋山先生に新年の祈祷をして頂きに行ったときに、先生が、ヨーオマリと書いてある紙が積み重ねておいてあることに気が付きました。

秋山先生に「ヨーオマリ」とは何ですか?と尋ねたところ、秋山先生はそれが昔の人はあいさつをするときにヨーオマリと言っていたと教えてくださいました。

ヨーオマリとは、アロハやナマステなどと同じように、歓迎の意味と幸福を祈る意味、そして祈祷の意味もあります。

大きな笑顔という意味も、それのとても大切な意味のひとつです。

とても重要です。

なぜかはお伝えしませんので、あなたもこの言葉を使ってみて、その理由に気が付いてみてください。

秋山先生は、この挨拶の方法を復活させたいと言っていました。

私もそう思います。とても美しいからです。

単に人々がお互いに挨拶する際に使うだけでなく、毎朝、毎晩鏡に映る自分対して挨拶をする方法でもあります。

日々、そして毎年の挨拶もこのように行われるべきです。 心をオープンにして、良い一年にしましょう。

微笑みを絶やさずに、自分を含めたすべての人が幸せにいられるように願いましょう。 皆さんが、鏡の中の自分自身、そしてさらに世界に向けて、品位と天恵、そして美しさと共に挨拶をする時間を設けられるように、今回の記事は短めにしておきます。

アロハ!

閲覧数:1回0件のコメント