瞑想(メディテーション)Part 2


しかし、あなた自身は「自然」です。

あなたの身体は、地球と同様に生態系です。

そして、あなたの中には地球、水、空気、そして火があります。

また、もともとあなたには平穏と静寂の性質が備わっています。

仏教では、それを仏心と呼び、キリスト教では天国と呼ばれています。

仏心または天国を認識するには、リラックスする必要があります。

現代人にとってリラックスするのは簡単なことではありません。

だから瞑想は難しいのです。

私たちは、緊張しているように訓練されてているからです。

実は、この緊張する為の訓練も瞑想の一つと言えます。

瞑想とは、習慣にする、または、心を慣れさせるという意味です。

ですのであなたは、内なる瞑想、または外部からの騒音や内外のクリアな心や天国について瞑想をすればよいでしょう。

ご自分の静寂な性質にかえるもっともシンプルな方法は、呼吸を観察することです。

ゆったりと座り、リラックスして呼吸を観察します。

呼吸が、長かったり短かったり、止まったり不規則だったりといったことに気が付くと思います。

またとめどなく思考が巡ることにも気が付くでしょう。

思考はいつも巡っていますが、リラックスして呼吸に集中してみるまでそれに気が付きません。

もう一つの瞑想の方法は、呼吸をしながら下腹部が上下するのを見るという方法です。

呼吸をコントロールしようとしないでください。

最初は、緊張している状態が当たり前となっているあなたの下腹部は動かないかもしれません。

でも心配はいりませんし、無理に動かそうとしなくて大丈夫です。

呼吸を観察しながら自然にリラックスすることで、まるで池の水面に向かって投げた小石が沈んでいくかのように下腹部が落ち着いてくるでしょう。

どちらかの方法を試してください。

それではまた。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示