クイリオロア・ヘイアウ


クイリオロア・ヘイアウは、海に向かって広がるココナツの木が並ぶ半島、カネイリオ・ポイントにあります。

11世紀から12世紀前後に、「逃れの地」として建設されたと見られる古代ハワイの寺院です。

この神聖なヘイアウは、3つの台地からなる土地に作られ、ワイアナエ海岸を一望することができます。

「危ないから行かないほうがいい」と言われているエリアです。

ワイアナエは、現在ではマカハ地区同様、高級リゾートとしての開発が進みつつあるようですが、治安については残念ながらあまり改善がなされていないようで、車上荒らしや違法ドラッグの売買などの事件が後を絶たないそうです。

このような美しい景色が目の前に広がっている一方で、経済的に困窮した住民らが犯罪の頻発する土地で暮らしていると思うと、悲しい気持ちでいっぱいになります。

このヘイアウをご紹介していながらこのようなことをお伝えするのは心苦しくはありますが、なるべくこのエリアを訪れることはお勧めしません。

今は、どうぞ動画や画像などでお楽しみいただければと思います。

名称:Kuilioloa Heiau 住所:Waianae, HI

閲覧数:2回0件のコメント