人混みで自分を守るテクニック その4-神聖な天使の保護


最近ではごく少数の人だけが天使に要求をしています。

現代の知的独立的な考え方において、天使にお願いことをするということは、良くて弱さゆえの共依存、悪ければ単なる空想だと考えられています。

どちらの見方にも誤解があります。

人間はこれほど有能なのですし、協力をすることより強くなることもできます。

ところが、私たち人間は自然と「協力」する方法を忘れてしまったため、自滅の道へと導かれることとなりました。

地球はこれからも続いていきます。

人類を救うために、母なる地球との(人間)の協力関係を取り戻すのが手遅れになっていないことを願います。

宇宙、またはフォースへのバランスを取り戻すことができれば、神様、または万物の源(ソース)との協力関係を取り戻すことがより簡単になるでしょう。

万物の源は、全ての恩恵の源でもあります。

天使は、神の使者です。

彼らが私たちと万物と恩恵の源を繋いでくれています。

天使は私たちにも仕えています。

だからと言って天使が私たちの望むすべてを与えてくれたり、私たちの言いなりに行動するわけではありません。

天使らは、私たちの運命に応じてできることをしてくれます。

私たちが望むように物事が進まない時、天使は私たちに安らぎと英知を与えてくれます。

天使には様々な種類が存在します。

皆さんに親しんで頂きたいのは、あなたの守護天使です。

本人が気が付かずとも守護天使はいつも皆さんの傍にいます。

守護天使の仕事は、私たちの心と意識をオープンに保ち、魂を成長させ、また内なる天国を気づかせてくれます。

仏陀が死ななくともニルヴァーナに辿り着けるといったのと同様に、イエスもまた、天国に行くために死ぬ必要はないと言っています。

少し先走りすぎましたね…。

さて、あなたの守護天使は、あなたにとって良い選択をするように導いてくれますし、緊急時にはあなたが寿命より前に亡くなってしまうことがないように守ってくれます。

あなたの守護天使は、あなたの許可を得ることなく、あなたを助けるためにたくさんのことをしてくれますが、助けを求めるほうがより良いでしょう。

ご自分の守護天使と会話をするようになると、否定的エネルギーの対応においても助けを求めることができます。

あなたの守護天使に天の光を感じられるようにお願いをしてください。

外的または内的な否定的エネルギーから身を守れるとても良い方法です。

守護天使に話しかけるなんておかしい、狂っていると感じる人もいるかもしれません。

心の中でまたは声に出してもいいです。

返答があることを気に留めていてください。

返答を探してはいけません。

自然と返答が与えられるまで待ちましょう。

返答は、象徴や前兆、感覚や本の一文、歌詞の一部分、映画のワンシーン、飲食店での隣の席の人たちの会話等として与えらえることもあります。

返答を受け取るために頑張りすぎるとせっかくのメッセージを逃してしまうかもしれません。

楽しんでください。

あなたと守護天使との関係を、自然に、そして有機的に発展させてください。

閲覧数:11回0件のコメント