ムー大陸(パート1)


アロハ、みなさん

ハワイは、多くの人々によって失われたムー大陸の中心であったと考えられています。

ムー大陸については、とても多くの推論が存在し、また彼らの多くが、大陸が海に沈んだと信じています。

大陸が単なる陸地と考えれば、それは合理的と言えます。

しかし海の奥底には多くの陸地があり、水で覆われています。

海は、素晴らしい資源です。

私にはムー大陸が、火の輪にさえぎられた水の大陸に視えます。

つまり、太平洋に接触しているすべての陸地が、ムー大陸の一部だという意味です。

他の多くの大陸がそうであるように、異なる人々が同じ陸地に暮らしています。

ムー大陸にも、異なる人々が暮らしているのです。

ハワイ人の視点では、人々とは、人間だけでなく、すべての命あるものも含まれます。

鳥や魚、鯨、イルカ、オキアミ、海藻、さらには植物や石も地球の家族の一部です。

石には、魂が宿っています。

なので、ハワイの石を勝手に持ち帰ろうとした人には、石を返却するまで災難が続くのです。

石には仕事があり、自身の目的を果たすために戻りたいという願いをもっており、その願いが一見したところ災難の原因になるのです。

石が帰路についた途端に災難が終わります。

石は、その人(または人々)の災難を願っているわけではありません。

ただ、石自体がバランスを失ったため、それを持っている人の人生のバランスも崩れてしまうのです。

バランスを失うと、不調和となり、それが災難のように見えるのです。

私のようなカフ(古代ハワイ宗教の司祭)が、石を仕事から解放してあげることができる場合もありますが、必ずそうできるわけではありません。

石の目的を変えられないこともあるからです。

その場合、石の魂はその本来の目的を果たさなくてはなりません。

(つづく)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示